Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Python, web, Algorithm 技術的なメモ

技術的なメモを書いていきます.pythonistaを目指しています.

matplotlibの使い方(1)

matplotlibの使い方(1)

今日は簡単なmatplotlibの使い方の紹介をします. 次回は,djangoでpdf出力の仕方を紹介したいと思います.

matplotlibのインストール方法はpip使ったら簡単にできると思うので, 紹介しません. インストールしたら

import matplotlib.pyplot as plt

でインポートしましょう.pltとするのが慣例だそうです.

使い方はとっても簡単で⬇の通りに書けば,グラフが作成できます.

import matplotlib.pyplot as plt
x = [1,2,3,4]
y = [4,5,6,7]

fig, axes = plt.subplots(figsize=(7,4)) 
axes.plot(x, y, 'r')
axes.set_xlabel('x') #x軸のラベルを設定します
axes.set_ylabel('y') #y軸のラベルを設定します
axes.set_title('title') #titleを設定します
fig.savefig("filename.png") #これで画像を保存. オプション引数でdpiも指定できますよ!

このコードの説明:
plt.subplots()メソッドはFigure,AxesSubplotオブジェクトをタプルで返すので, まずFigure,AxesSubplotオブジェクトを生成します.
それをfigaxesに入れます.また,figsizeで図のサイズを決めます.(7,4はインチです)

次にaxes.plot(x,y,'r')x,y軸にプロットするデータを代入します. r(red)はプロットする色を決定します.さらに他にも沢山の引数がありますが, それは次回説明します.

これだけでは,描画されないので,描画するために

fig.show()

Figureオブジェクトのshow()メソッドくんを呼んであげます.そうすると描画されます.

下記のように,フォトサイズの指定,凡例の設定,凡例の位置も設定出来ます.

fig, ax = plt.subplots()

ax.plot(x, x**2, label=r"$y = \alpha^2$") #labelでxの凡例を設定
ax.plot(x, x**3, label=r"$y = \alpha^3$")
ax.set_xlabel(r'$\alpha$', fontsize=18)
ax.set_ylabel(r'$y$', fontsize=18)
ax.set_title('title')
ax.legend('center'); #凡例の位置を真ん中に指定 

次回は,djangoでpdfを出力する方法(日本語対応+複数ページ作成)を紹介したいと思います.

Reference